どこに居ても、どこへ行っても、あなたらしくをずーっと楽しもう!!

おすすめ記事はこちら⇒『中学生に部活って必要なの?部活を通して得られるもの、期待する事とは?』

【子どもの習い事】“お友達と一緒に”がおススメ出来ない3つの理由とは!?

 
  2018/01/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

こんにちは、ししころです。

 

子どもに習い事って何かさせていますか?

 

 

この書き出し、何回か見た事ある気がするけど…。

ねこ

 

 

うるさい…

ししころ

 

 

「うちの子にはどんな習い事が合っているんだろう…」

 

持っている才能があるのなら、引き出してあげたい!!って思いますよね。

 

でも小さいうちは、自分の子どもにどんな才能があるかなんて分かりません。

 

やってみない事には分からないんです。

 

なので、ママ友から「習い事、一緒にやらない?」と誘われると、「やってみてもいいかなぁ…。」ってつい一緒に始めてしまうママも多いと思います。

 

でも…

 

 

ちょっと待ってぇぇぇーーー!!

 

 

“お友達と一緒に…”はおススメ出来ない理由があるんです。

 

 

  1. 面倒
  2. 上達しない
  3. それぞれの家庭でそれぞれ違う

 

からです。

 

 

「お友達と一緒に習い事したいなぁ。」って考えている人!!

 

是非読んでみてから決めて下さいね(*^^*)

 

 

 

この記事はこんな人におすすめです。

 

  • これから習い事を始めようかなぁと思っている人。
  • 「習い事を一緒にしない?」って誘われている人。
  • 「習い事を一緒にしよう!!」って誘おうと思っている人。

 

 

面倒。

 

 

『お友達と一緒に…』

 

 

『お友達』とは、ママ友&子どもの友達ひっくるめてます。

 

 

A君ママ:『○○君って何か習い事してるの?』

 

B君ママ:「してないけど、水泳習わせようかなぁと思ってるんだー。」

 

A君ママ:『えー、私も水泳いいなぁと思ってたんだー。』

 

B君ママ:「じゃあ一緒に体験行こうよー!!」

 

A君ママ:『うん、行きたい!行こうー!!』

 

 

最初はこんな感じの入り口だったりします。

 

「一緒に」って楽しいですよねー。

 

 

逆に断られへんわ…。

ねこ

 

 

「お友達がいるから行く!!」って子どももやる気を出してくれるし、ママも心細くないし…って、一見、メリットいっぱいに見えます。

 

でもそれは、つまり!!

 

 

デメリットにもなるってことです。

 

 

  • お友達が休んだら「○○君行かないんだったら僕も行かない。」って言い出すかもしれません。

 

  • ママ自身も「○○君ママ行かないんだったらやめとこうかなぁ…」ってなったりするかもしれません。

 

  • お友達がやめたらどうしますか?やめますか?

 

 

『お友達と一緒に…』は、その習い事を続けたいと思っている場合、続ける事を左右する原因になるんです。

 

 

 

 

『たまに』や『ほどほど』の距離感。

 

子どもだもの、そりゃあ色々あります。

 

昨日ケンカしてたなぁと思ったら、今日は仲良く遊んでたり…。

 

でも親はそこまで柔軟じゃないから、自分の子が嫌な思いをさせられてたって見たり聞いたりすると、いつまでも忘れられずにいたりするんです。

 

それが幼稚園だけでなく、習い事まで一緒となると、小さなことでも“積み重ね”でどんどん溜って、しんどくなるんです。

 

いい時はいいけど、どっちかが言いたい事を言えなくなったりするもんやねん。

ししころ

 

 

人間は自分が『足を踏んだ事』より『足を踏まれた事』を覚えている生き物やからねー。

ししころ

 

 

『送り迎え』をしてあげていて「いつもうちばっかり…」と不公平を感じてしまったり。

 

レッスン後の『お菓子交換』で「今日はさっくり帰りたいのに…」と面倒になってしまったり。

 

 

いい時はいいんです。

 

でも、そんな時ばかりではないんです。

 

だから『たまに』とか『ほどほど』の距離感って大事なんです。

 

 

それぞれのおうちで考え方は違うもの。

 

 

いくらお友達でも、“それぞれのおうちで教育方針って違う”って所を理解しておく事も大事です。

 

例えば、一緒に水泳教室を習い始めた場合。

 

たいていの所では進級試験があります。

 

その『進級試験を受ける心構え』ってそれぞれのおうちで違うと思うんです。

(いいか悪いかではありません、悪しからず…( ;∀;))

 

  • 「今出来る力を出しといで。」と送り出す家庭。
  • 「あっ、試験かぁ。忘れてた。」とあまり気にしていない家庭。
  • 「受かったらアイス買ってあげるから頑張りなさい!!」と鼻先に物をぶら下げる家庭。
  • 落ちたら子どもを怒る家庭もあればそうでない家庭…。

 

本当に色々なおうちがあるんです。

 

お友達だからと言って、教育方針まで同じ訳がありません。

 

例えば、お友達のおうちが『試験に受かる事』を大切に考えていて、あなたは『試験に受かる事ではなく、泳げるようになる事』に重点を置いていた場合。

 

『試験に受かる』『試験に受からない』でそれぞれの家庭の対応が変わります。

 

お友達が「受かったらアイス買ってあげるから頑張ってねー!!」と言っていたら?

 

お友達が受かってアイスを買ってあげていたら、あなたも買ってあげますか?

 

「うちはそんなシステム導入してない…。」と思っても、子どもは「買ってぇぇぇぇ!!」ってなると思います。

 

試験に落ちた場合は?

 

お友達が落ちて、自分の子どもが受かったら?

 

お友達が受かって大喜びしていて、自分の子どもは落ちたら?

 

 

なんか、考えてたら面倒くさくなってきたわ…。

ねこ

 

 

あなたがその習い事をさせたいと選んだ理由は何ですか?

 

あなたのおうちの考え方が、一緒に行くお友達によって左右される事は良くないと思います。

 

 

あなたの考えをブレないようにするって大事だと思います。

 

 

 

 

上達しない。

 

「テレビを見ながらご飯を食べちゃダメ!!」

 

「お菓子を食べながら遊んじゃダメ!!」

 

 

ながらは良くない!!』

 

 

って教えてるおうちって多いかなぁと思います。

 

習い事も同じです。

 

お友達と行っていると、ついつい遊びの延長になってしまうのです。

 

つまり、『遊びながら習う』になってしまうのです。

 

  • 先生の話を聞かない。
  • ふざける子がいると一緒にふざけ出す。
  • 気が散って集中しない、集中出来ない。

 

お友達がふざけてきても「今は習い事の最中だから!!」と、はねのけられるなら別だと思います。

 

でも、たいていの場合は一緒に遊んでしまいますよね( ;∀;)

 

そうなると個人差を差し引いたとしても、1人でもくもくとやっている子より上達出来ないと思います。

 

同じ月謝を払うなら、集中して欲しいですよね。

 

なので『遊びながら習う』はあまりおススメできません。

 

 

ただ、私は『ながら』は必ずしも良くない!!とは思わないんです。

 

『こうでなければこう出来ない』より、場合によっては柔軟に考えたり動けたりする事もあると思うからです。

 

 

小学生の間はリビングで勉強をする『リビング学習法』が推奨されてたりしますよね?

 

  • 忙しいお母さんが家事をしながら勉強を見てあげられる

 

  • 『騒々しいリビングでも集中力を養える』

⇒静かな環境でないと集中出来ないのではなく、リビングのように人の出入りがあったり、テレビや色々な物音があるような場所、つまりどんな環境でも集中出来る力が養われる。

騒音を感じながら集中する力をつける。

 

『ながら』は時間短縮や要領よくこなせる為のコツをつかめるので、場合によってはアリかなぁと思います。

 

『習い事の場』は子どもの遊びの延長ではなく、ママのおしゃべりの場の延長でもない。

 

メリハリがつけられるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

お友達と一緒に…。園の課外保育。

 

習い事を始める最初のきっかけは、幼稚園でやっている『リトミック』『ピアノ』『習字』『サッカー』『体操教室』って人が多いですよね。

 

知っている場所で、知っているお友達と一緒に習えるので、親も子も安心ですよね。

 

それに習い事が終わるまで預かってくれるから、帰って来る時間が遅くなるのもちょっと嬉しい。

ししころ

 

 

あれ?お友達と一緒にがメリット??

 

 

言ってる事ちがうんちゃう!?

ねこ

 

この場合の『お友達と一緒に…』は「一緒にやろー」って誘うって意味ではなく、周りは皆お友達っていう意味ね。

ししころ

 

 

幼稚園での課外保育はメリットも大きいかなぁと思います。

 

  • 便利
  • 下の子が小さくて習い事の送迎は大変だけど、幼稚園なら…。
  • 幼稚園が面倒を見てくれる(基本お迎えだけ)
  • 『幼稚園での習い事』は卒園というメドがある
  • 基本、園の教育方針に沿っている。

 

卒園してからもそのまま幼稚園に通う子もいれば、別の所に通う子もいるし、やめて別の習い事を始める子もいると思います。

 

『卒園』という区切りがあります。

 

『ガンガン試合があるサッカーチーム』や『熱血指導の体操教室』など、幼稚園によって様々かとは思いますが、親も子ももし合わなければ、卒園を機にやめられるので、考え方によっては利用するメリットはあるかなぁと思います。

 

3、それぞれの家庭でそれぞれ違う。

 

同じ歳でも、置かれている環境はそれぞれ違います。

 

末っ子で上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合。

 

長子で、下に弟妹がいる場合。

 

ママが専業主婦のおうち。

 

共稼ぎのおうち。

 

子どもがもっと真剣に取り組みたくなって、今のところでは物足りなくなった場合。

 

子どもが他の事をやりたくなった場合。

 

子どもがやめたくなった場合。

 

 

一緒に習い始めても、その先、お互いにどんな変化が起こるのか…。

 

一年後、二年後、その教室がお互いにとってベストな場所なのか…。

 

学校が離れても習い事が一緒のおかげで、習い事の時に遊べて喜んでいるという関係もよく聞きます。

 

ただ、それぞれの家庭がどうなって行くのかは分かりません。

 

そんな時に、お友達に合わせるのではなく、自分の家庭に合わせて柔軟に動ける事が大事だと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

軽い気持ちで友達と一緒に始めた習い事も、月日が経つと面倒な事に発展する場合もあります。

 

それでも「お友達と一緒に習い事をしたい!!」と思ったなら…。

 

  • いい時ばかりではない。
  • ほどほどの距離感を大事にする。
  • 自分の考え(教育方針)をブラさないようにする。
  • お友達に合わせるのではなく、自分の家庭の事情や子どもに合わせて動く。

 

「一緒に習い事をしたいっ!!」と思える友達がいるなんて、素敵な事だと思います。

 

そのお友達とずっといい関係を続けて行く為に…。

 

是非これらを覚えておいて下さいねっ(*^^*)

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
------ ブログをメールで購読 -------

メールアドレス ⇒⇒ 購読ボタンを押せば更新をメールで受信できます。

58人の購読者に加わりましょう

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Hermit crab , 2017 All Rights Reserved.