どこに居ても、どこへ行っても、あなたらしくをずーっと楽しもう!!

おすすめ記事はこちら⇒『中学生に部活って必要なの?部活を通して得られるもの、期待する事とは?』

はがきに切手の値上げ知ってる?2018年年賀はがきを出すならここに気を付けて!!

 
  2018/08/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

こんにちは、ししころです。

 

今年もあとわずか。

 

年末行事の一つ、年賀状作成は終わりましたか?

 

 

毎年早く書かなあかんって気持ちだけ焦るけど、いつもぎりぎりやわ。

ねこ

 

2017年6月1日から郵便はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金が変更(値上がり)になっているって知っていますか?

 

  • はがき 52円⇒62円

 

になりました。

 

 

知らんかった?

ねこ

 

 

が!!

 

 

2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)の間の『年賀はがき』に限り、年賀はがき料金52円が適用されるんです。

 

 

普通に年賀はがき52円で買えたから、はがき代が値上がりしてたなんて忘れとったわー。

ねこ

 

1月8日以降は買っておいた年賀はがきで出したらあかんの?

ねこ

 

出すなら足りない10円分切手で足してから出してね。

ししころ

 

 

 

 

この期間、52円で出せるのは「年賀はがき」に限ります。

 

私製はがきで出す場合は必ず表面に赤字(朱字)で「年賀」と書かないと適用になりません。

 

 

なので、気を付けて出しましょうね!!

 

言いたかった事は以上です。

 

下記は余談です、お時間有ったら是非どうぞ(笑)

 

 

 

 

余った年賀ハガキや書き損じたものはどうしてる?

 

「住所が変更になったのを忘れてた!!」

 

「送付先が喪中だったー!!」

 

「間違えたー!!」

 

年に数枚は書き損じや余った年賀状が出ますよね。

 

これは郵便局に持って行けば、1枚手数料5円かかりますが、切手やはがきに交換してもらえます。

 

*切手は記念切手などの特殊切手には交換してもらえません、通常の切手に限ります。

 

手数料の5円は現金払いか、切手なら相殺してくれます。

 

  • 書き損じ(余った)はがきを切手に交換してもらう場合⇒⇒⇒手数料分引いて残りを切手にしてくれる。
  • 書き損じ(余った)はがきをハガキに交換してもらう場合⇒⇒⇒手数料分は別途現金もしくは切手で支払う。

事になります。

 

どういうこと?じゃあ先に何枚か切手に変えてもらってからはがきに変えてもらったら払わんでもいいってこと?

ねこ

 

手数料払いたくないならそういう方法もあるよって話やね。

ししころ

 

*はがき表面左上の料額印面が汚れていたり破損している場合は交換してもらえない場合もあります。

 

*宛先の住所変更で戻って来たものなど、一度郵便局に出したものは交換してもらえません。

 

 

 

 

手数料がかからない場合とは?

 

用意していたけれども、近親者が亡くなって出せなくなった場合

 

年賀状の販売期間内であれば手数料無しで交換してもらえます。

その場合は郵便局の窓口(簡易局は除く)で服喪で有る事を申し出て、亡くなった方との続柄などを記載したものを提出する。

 

交換してもらえるもの
  • 通常切手(弔事用切手を含む)
  • ハガキ(通常・往復、その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒及びスマートレター封筒)

 

 

 

間違って買ってしまった場合

 

「ディズニー柄が良かった~!」とか、「インクジェット対応が良かったのに間違ったー!!」といったような間違って買ってしまった場合、未使用の綺麗な状態であれば、年賀状の販売期間内に限り年賀はがきへの交換可能(当年度に購入した物を当年度の販売期間内に)です。

 

*折れていたり汚れがある場合は無料交換してもらえない場合があります。

 

交換してもらえるもの
  • 年賀状はがき

 

 

2018年用年賀はがき販売期間は2017年11月1日(金)~2018年1月5日(金)まで

 

 

スポンサーリンク

 

 

お年玉くじの抽選

 

書き損じや余ったハガキは1枚手数料5円で交換してもらえる事が分かりました。

 

金券ショップで年賀はがきがいくらぐらいで売っているか知っていますか?

 

だいたい47円ぐらいです。

 

なので、もし余ったとして交換手数料がかかったとしても52円、通常価格に戻るだけです。

 

通常の切手やはがきへの交換でいい場合、お年玉くじの抽選会以降に交換する事で、チャンスが広がるのです。

 

 

例えば…

100枚多く買い過ぎた⇒47円×100枚=4700円

手数料5円×100枚=500円⇒⇒⇒通常値段に戻っただけなのでマイナスではない

 

お年玉くじの抽選日

 

当たらなかった…

 

 

切手シートに交換してもらう

(100枚の切手シート)

⇒⇒⇒金券ショップによりますが80%~90%ぐらいで買い取ってもらえます。

*バラだともっと買い取り価格が下がります。

 

80%として4700×80%=3760円

4700円ー3760円=940円

940円の損

 

 

940円で運試し。。

 

なーーんて事もできます。

 

 

やった事はないです。

ししころ

 

 

私は毎年10枚前後出る書き損じハガキに願いを託し、お年玉くじの抽選日以降に交換に行ってます(笑)

 

 

2018年のお年玉くじの抽選日は2018年1月14日(日)

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

1月8日以降に年賀状を出される時は気を付けて下さいね!!

 

プラス、年に一度の豆知識でした。

 

年に一度の事なので意外と知らなかったりしますが、是非活用して下さいね。

 

 

年賀状を元日に届けたい!!なら12月25日(月)までに出しましょう!!

ししころ

 

 

 

2018年、年賀はがきの郵便料について(郵便局)

 

書き損じはがき、切手の交換について(郵便局)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
------ ブログをメールで購読 -------

メールアドレス ⇒⇒ 購読ボタンを押せば更新をメールで受信できます。

58人の購読者に加わりましょう

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Hermit crab , 2017 All Rights Reserved.