どこに居ても、どこへ行っても、あなたらしくをずーっと楽しもう!!

おすすめ記事はこちら⇒『中学生に部活って必要なの?部活を通して得られるもの、期待する事とは?』

男の子の習い事にダンスをおすすめしたい3つの理由とは?

 
  2018/01/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

 

 

こんにちは、ししころです。

 

子どもの習い事、何がいいかなぁ…って悩みませんか?

 

 

「小さいうちから色々やらせないといけない!!」

とたくさん習い事をさせるおうちもあれば、

 

「まだやらなくてもいいかなぁ」

っておうちもあると思うし、

 

「しなければいけないって訳でもないけれで、周りもやってるし一つぐらいは…」

なーんておうちもあると思います。

 

 

私はと言うと…

「あれもやらせてみたい!!これもやらせてみたい!!」

 

って思ってしまう、早期教育ママです。

 

受験うんぬんとかの為ではなく、小さいうちから色々やる事で、視野を広げたり自分で考えたりする機会が作られればいいなぁと思うからです。

 

 

習い事。女の子だと…

  • ピアノ
  • バレエ
  • リトミック

 

男の子だと…

  • サッカー
  • 野球
  • 体操

 

男女共通では…

  • 水泳
  • 英語
  • 知育教室
  • そろばん
  • 習字

 

が人気ですよね。

 

そして最近人気急上昇中なのが、そうです。

 

ダンス!!

 

ダンスと聞くとジャニーズやEXILEなど、男の子に人気の習い事かなぁ?と思いませんか?

 

チアダンスやバレエ、ジャズダンスなどが女の子に人気なのは分かりますが、ヒップホップも圧倒的に女の子が多いんです。

 

教室にもよりますが、習っている子どもの8割以上が女の子って所も珍しくありません。

 

 

そんな中、我が家の男子2名はダンス歴4年になります。

 

早期教育に重きを置く自称:早期教育ママ(笑)

 

そんな私がなぜ、数ある習い事の中からダンスを選んだのか…

 

 

実は、ダンスって男の子におススメしたい習い事なんです!

 

 

もちろん女の子にもダンスはおススメですよ!

 

でも今回は男の子目線でダンスの魅力をお伝えしたいと思います。

 

ダンスのメリット

 

おすすめ理由1:身体も脳みそもフル回転

我が家の子ども達がダンスを習い始めたきっかけは、自分達から「ママ、ぼく、ダンスが習いたいよっ!!」と意欲を見せた訳ではありません。

 

もちろん私が放りこみました(笑)

 

理由としては…

 

  • 身体が柔らかくなる
  • リズム感がつく
  • 疲れて早く寝て欲しい
  • 中学の授業で必須になった

などがあります。

 

リトミックも当てはまるのでは?と思うかもしれません。

 

リトミック

音楽を聴きながらリズムにあわせて身体を動かし、自分なりの表現をすることで、心や身体、社会性を育みます。

参照:mamanoko

 

リトミックはダンスに比べると、「音」に重点を置いているのと、何より…

 

男の子には運動量が足りない!!

 

ってところで我が家では却下になりました。

 

 

我が家には2歳差の男の子が2人います。

 

年々体力がついてくる…。

 

どうやってとっとと寝かせるか…。

 

そればっかり考えていました。

 

男の子が2人になると、1+1=2にならないのです。

 

1+1=3にも4にもなって、暴れまくっています。

 

なんとか大人しくさせるには…

 

「そうだ!!動かせて、疲れさせよう!!」

 

その思いもあって、運動量もあるヒップホップを習い始めました。

 

 

最初はイヤイヤ通う我が家のメンズ2人。

 

当時8歳(小2)、5歳(年長)でした。

 

実際習い始めて気付いたメリット

  • 右手右足、左手左足、頭、おしり、胸、身体のあらゆる場所がバラバラの動きをしなければならない
  • 振りを覚えなければならない(自分の立ち位置なども)
  • 先生の動きをしっかり見て、真似して踊らなければならない

 

頭も身体もフル回転です。

 

 

おまけ

  • 洋楽で踊る事が多いので詳しくなる、好きになる

 

習い始めて4年。

 

最初はレッスンにもついて行けず、ギクシャクした動きに心配でした。

 

でも、今では曲や振りを覚えるスピードもどんどん早くなってきました。

 

身体も柔らかくなりましたよー。

 

 

 

おすすめ理由2:意外と少ない男の子

 

 

転勤などで、今まで3つの教室に通いましたが、どこも男の子がほぼいませんでした。

 

もちろん、男の子に人気のある教室も有って、そこでは男の子クラスが有ったりもします。

 

あと、お友達がお友達を呼んで、何年かだけ男の子が多かったって教室もあります。

 

ただ一般的に男の子が少ないです。

 

なので…

  • 目立てる
  • 重宝される

 

など、頑張っている子にはチャンスがあるのです!!

 

チャンスをもらえる

頑張る

目立てる

周りから「かっこよかったよ」と褒められる

また頑張る

 

 

こちらもおススメ記事です(*^-^*)

 

 

サッカーなど、特別上手くないと埋もれてしまいそうですが、ダンスではまず人数が少ない!!(笑)

 

特別上手くなくてもチャンスがあるのです。

 

そしてチャンスが有れば、また上手くなるんです。

 

頑張って続けていれば必ず上手くなります。

 

「うまいね!!」「すごいね!!」

 

と言ってもらえる事は、やる気につながります。

 

おすすめ理由3:親も楽しい!!

 

 

ダンスをしていると、年に数回、人前で踊る機会があります。

 

お祭りやショッピングモールに呼ばれたり、発表会が有ったり。

 

子どもの緊張している様子は親にも伝わってきます。

 

「がんばれー!!」

 

ビデオ片手にママもパパも、おじいちゃん、おばあちゃん、皆で見守っています。

 

ショッピングモールのイベントなどでは、ギャラリーは身内で埋め尽くされていると言っても過言ではありません。

 

ええ、そうです、親バカ。自己満足です(笑)

 

でも楽しいのです。

 

家族行事なのです。

 

家族皆で「がんばったねー!!」と同じ時間を共有するのは本当に楽しいです。

 

話すのが苦手な男の子でも、人前で踊ると興奮が隠しきれず、よくしゃべってくれます(笑)

 

費用は高くないの?

 

 

月々どれぐらい?

 

これも教室によりますが、月謝は3000円~5000円ぐらいのところが多いようです。

 

プリペイド方式の教室もありますよ。

 

この場合は1レッスン1000円~1500円ぐらいでしょうか。

 

風邪をひいてしまったり用事で行けない時は払わなくていいので、「行った分だけ」ってところがいいですよね。

 

  • まだ小さくてよく風邪を引く
  • 弟妹がまだ小さい

 

場合などは、気兼ねなくお休みできるので、おすすめかもしれませんね。

 

月謝制だと、年末年始など月に2回くらいしかなかったりすると、なんだか損した気持ちになったりしませんか?

(私だけ??( ;∀;))

 

そういった人にもプリペイドはおすすめですが、デメリットもあります。

 

子どもに預けていて無くす!

 

プリペイドは高額入金している場合もあるので、管理には気を付けて下さいね。

 

その他にかかる費用は?

 

 

その他にかかる費用としては

  • 練習着

などがあります。

 

練習着はヒップホップの場合は大きめでもOKなので、長く着られるよう、少し大きめを選ぶといいと思います。

 

靴も子どもの足はすぐ大きくなるので、安いものから高いものまで色々ありますが、高くなくていいと思います。

 

教室によっては、発表会の踊る曲に合わせて靴も買いそろえるところがあるので、発表会前に靴を買う時はCHECKが必要です。

 

発表会代

 

 

また、年に1度はだいたいどこでもある発表会ですが、参加費で20000円~30000円ぐらいのところが多いようです。

 

そこに衣装代や靴代がプラスされます。

 

衣装もこだわる教室も有れば、手作りのところもあるし、Tシャツをそろえるだけのところもあります。

 

これだけの金額を支払うのは大変なので、発表会用に月々3000円ぐらい積み立てておくといいと思います。

 

コンテスト代

 

 

最初は週1時間のレッスンを受けて、その先の事は様子を見て考えればいいと思います。

 

私が見ていて思うのは、子どもによって時期は違いますが、必ず「伸び期」があります。

 

「あれー?上手くなったねー」と言われる時期が来たり、最初は親に入れられた教室でも、本人が「好き」になるかもしれないので、数年は続ける事をおススメします。

 

「上手くなりたい!!」と思い、週2時間、週3時間とレッスンを増やすかもしれません。

 

そうなると当然レッスン料もその分高くなります。

 

また、コンテストにエントリーする事もあると思います。

 

その場合、

  • 自主練のスタジオ代
  • コンテストのエントリー代
  • コンテストの交通費、食事代

(コンテストの観覧代がかかるところもあります)

などがレッスン代と別途かかってきます。

 

エントリー代の相場は2000円~3000円くらいです。

 

コンテストには数人のチームで出場します。

 

チーム行動なので、「自分だけ出ない…」とは言いにくいので

 

  • 年に何回くらいコンテストに出るのか
  • 遠方のコンテストにも出るのか

(県外など遠方のコンテストに出るチームもあり、ママの方が心が折れると聞いた事があります)

  • 付き添いはどうしているのか

(小さい弟妹がいるおうちだと付き添いは大事ですよね。先生にお願いできる所もあるようです)

 

など、ザックリ聞いておくと安心かもしれませんね。

 

ダンス教室の選び方

 

 

ダンス教室と言っても色々あります。

「色々?ってなにが?」

と思いますよね。

 

サッカーで例えるとすれば…

 

 

  • 「負けてもいいから、皆でゴールを目指そう!!」

と勝ち負けにこだわらない。サッカーを、そして身体を動かす事を楽しもう!!

 

というチームも有れば、

 

  • 「皆で勝ちに行こう!!」

とチーム全体で勝ちに行く、皆で喜びを分かち合う方針のチーム

 

そうかと思えば…

  • 「周りにパスする事を考えるな!!行ける所まで一人で行け!!」

と個人技を重視。仲間には必要な時に頼れ!!

 

などなど、「サッカー」と言っても目的や練習方法、「結果」を大事にするところや「経過」を大事にするところ。

 

教室や先生によって違います。

 

 

ダンス教室も同じです。

 

  • 音を楽しもう!身体を動かそう!

とダンスの楽しさを教えている教室もあれば、

 

  • 賞を取りに行こう!!

 

  • 将来ダンサーになる事も念頭に、色々なジャンルを経験しよう

 

などなどがあります。

 

 

教室によっては、レッスンを親が見ていてもいいよと言ってくれる所もあれば、全く見せてもらえない所もあります。

 

子どもが小さいうちは見ていて楽しいので、見せてくれるところはおススメです。

 

見ていると楽しいです。

 

「たまに見に行くだけだと子供がスネる」「小さい弟妹が走り回ったりで落ち着かない!」などであれば、最初から見に行けない方がスッキリするかもしれませんね。

 

そこはご家庭に合わせてダンス教室を探してみるといいと思います。

 

 

最初は「ダンスを楽しむ!!」を目標に。

 

その後はそれから考えてもいいかなぁと思います。

 

 

ダンスの種類

 

一口にダンスと言っても色々な種類があります。

 

  • バレエ
  • 日本舞踊
  • よさこい
  • チアダンス

などなど。

 

その中で、男の子におススメ!!のダンスをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

ヒップホップ

 

ヒップホップ

ヒップホップダンスはアメリカで生まれたストリートカルチャーの一つであるヒップホップミュージックに合わせて踊るダンスです

。現代におけるヒップホップダンスは、ブレイクダンスを内包したさまざまなジャンルを融合させた激しく速い動きが特徴のダンスとなっています。

参照:topicsfaro

 

キッズダンスの中で代表的なのがヒップホップです。

 

ヒップホップは自分を大きく強く見せる為に、ダボっとした服や、いかついアクセサリーをつけたり、髪を編み込んだり(コーンロウ)。

 

おじいちゃん、おばあちゃん世代からは受け入れられない事もあるようです(笑)

 

でもそれはあくまでイベントの時だけなので、学校もその格好で行ってるって子はほとんどいないと思います。

 

ゴリゴリのヒップホップを愛する教室もありますが、ほとんどの教室はソフトなヒップホップです。

 

 

 

パパママ世代の記憶に残ってませんか?

 

日本のヒップホップにおける先駆者的存在のLLブラザーズです。

 

インストラクターの先生達の中にも、彼らに刺激を受けたって方も結構います。

 

 

ロック

 

ロック

ストリートダンスのジャンルのひとつ。1970年ごろに生まれたといわれ、黒人音楽をルーツとしたファンクやソウル音楽にあわせて踊ることが多い。ダンス中に一瞬静止(ロック)し、ポーズをとる動きが特徴。

参照:コトバンク

 

個人的にはロック、大好きです。

 

ピタッと静止する動き(ロック)、かっこいいです。

 

 

 

DAPUMP KENZO

 

 

ブレイクダンス

 

ブレイクダンス

オールドスクール・ヒップホップに分類されるストリートダンスの一つ。
日本語ではブレイクと略されたり、原語のブレイキン(breakin’)とも呼ばれる。

参照:wikipedia

 

男の子のクラスと言えばブレイクダンスのところが多いです。

 

かっこいいのですが、身体の筋力を使った動きが多いので、背が伸びなくなりそうなので我が家ではやってないです。

 

 

 

アニメーション

アニメーション

主に体の各関節をバラバラに動かしたり細かく動かしたりすることで、コマ送りのような動きやパントマイム、スローモーションな動きなど、パッと見て不思議な動きをするダンススタイルである。

参照:ニコニコ大百科

 

少数派ですが、たまに教えてくれる教室あります。

 

どこがどうなってるの?

 

身体の動きを熟知していないと出来ない動きですごいです。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

男の子の習い事にダンス!

 

検討の価値アリですよーー!

 

 

是非っ(*^-^*)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
40代。3人の子供と転勤族の主人を持つ専業主婦です。 転勤族ママにとって“在宅で稼げる”ってメリットばっかり!! 自分らしくを大切に、どこへ行ってもいくつになっても楽しみたいママの為に、“在宅で稼げる理想の仕組み”を学べるコミュニティを作成中です。
詳しいプロフィールはこちら
------ ブログをメールで購読 -------

メールアドレス ⇒⇒ 購読ボタンを押せば更新をメールで受信できます。

58人の購読者に加わりましょう

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Hermit crab , 2017 All Rights Reserved.